明和7年の干ばつ

災害年月日
1770年06月00日
市町村
徳島県
災害種類
渇水  
概要
明和7年(1770)5月より降らず、7月に至り禾枯る。(「蜂須賀家記」による)/5月、閏6月、7月、御国干ばつにつき、御地高131,900石余御損毛。(「徳島県史料年表」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県災異誌」(徳島県史編さん委員会、1962年)、9-10頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 蜂須賀家記 徳島県史料年表
NO.
徳島1195

よく似た災害

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)5月より降らず、7月に至り禾枯る。(「蜂須賀家記」による)/5月、閏6月、7月、御国干ばつにつき、御地高131,900石余御損毛。... 続きを読む

元文3年6月の風雨

元文3年(1738)6月26日、御国風雨出水につき、御地高73,475石余御損毛、流死1人。(「徳島県史料年表」による) 続きを読む

元文3年6月の風雨

元文3年(1738)6月26日、御国風雨出水につき、御地高73,475石余御損毛、流死1人。(「徳島県史料年表」による) 続きを読む

寛保元年の風雨

寛保元年(1741)7月21日、御両国風雨、出水につき、御地高90,269石余御損毛。(「徳島県史料年表」による) 続きを読む

寛保元年の風雨

寛保元年(1741)7月21日、御両国風雨、出水につき、御地高90,269石余御損毛。(「徳島県史料年表」による) 続きを読む