明和7年の干ばつ

災害年月日
1770年06月00日
市町村
徳島県上板町
災害種類
渇水  
概要
明和7年(1770)5月から3ヶ月間、大干ばつが続いた。稲は枯れ、収穫皆無の所が多かった。数年来の不作続きの上、この干ばつにより、百姓は窮乏を極め、拝借米を歎願して一時をしのいだが、飢饉は翌8年も続いた。「明和の飢饉」という。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上板町史編纂委員会編「上板町史 下巻」(上板町、1985年)、643頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 明和の飢饉
NO.
徳島521

よく似た災害

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)5月~7月、雨降らず飢饉、干害13,190石減収。(「徳島県史」による) 続きを読む

明和3年の干ばつ

明和3年(1766)6月~8月、大干、禾枯る。(「蜂須賀家記」による)/6月~8月、御国干ばつ、107,636石余損毛。(「徳島県史料年表」による) 続きを読む

明和3年の干ばつ

明和3年(1766)6月~8月、大干、禾枯る。(「蜂須賀家記」による)/6月~8月、御国干ばつ、107,636石余損毛。(「徳島県史料年表」による) 続きを読む

明和4年の干ばつ

明和4年(1767)夏秋、大干、傷禾。(「蜂須賀家記」による)/6月、7月中、御国干ばつ、77,000石余御損毛。(「徳島県史料年表」による) 続きを読む

明和4年の干ばつ

明和4年(1767)夏秋、大干、傷禾。(「蜂須賀家記」による)/6月、7月中、御国干ばつ、77,000石余御損毛。(「徳島県史料年表」による) 続きを読む