明治32年8月の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治32年(1899)8月28日午後、台風が九州南西部をかすめて愛媛県から鳥取に抜けた。愛媛県では別子銅山の崩壊によって512人の死者を出したほか、河川氾濫で150人ほど、香川で340人、高知で36人の死者を出した。徳島県では剣山周辺の雨量が200ミリを越したが、平野部では100ミリ以下で風も大したことがなかった。/大暴風、吹名40戸中13戸倒。(「井内谷村誌」による)/大洪水寅年の水に劣らず、平水80尺(25m)の旧伊予川橋も流失の危機せまる。(「山城谷村史」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県災異誌」(徳島県史編さん委員会、1962年)、34頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 別子銅山 土砂災害 死者 井内谷村誌
NO.
徳島1221

よく似た災害

明治32年8月の台風

明治32年(1899)8月28日午後、台風が九州南西部をかすめて愛媛県から鳥取に抜けた。愛媛県では別子銅山の崩壊によって512人の死者を出したほか、河... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)、室戸台風が襲来し、県下では9人の死者を出した。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の地震・津波により、内陸部では地震で、沿岸部では津波で多くの死者を出した。愛媛県では、宇和島市や吉田町でそれぞ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の地震・津波により、人的被害は高知で680人、徳島で210余人に及んだ。高知県では須崎市で60余人、甲浦で... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の地震・津波により、人的被害は高知で680人、徳島で210余人に及んだ。高知県では須崎市で60余人、甲浦で... 続きを読む