昭和52年の台風7号

災害年月日
1977年08月24日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和52年(1977)8月24日正午頃、台風7号は九州西岸に上陸、九州を横断して、その後温帯低気圧となった。徳島の降水量は79ミリとなり、被害が出た。なお、この台風による降水量は南部が多く、宍喰では502ミリに達した。被害は家屋半壊1戸、床上浸水12戸、床下浸水91戸、山崩れ4箇所、道路損壊1箇所、田冠水100haに及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県編「徳島県災異誌(続編)」(徳島県、1981年)、103頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨 山崩れ
NO.
徳島1369

よく似た災害

昭和52年の台風7号

昭和52年(1977)8月24日正午頃、台風7号は九州西岸に上陸、九州を横断して、その後温帯低気圧となった。徳島の降水量は79ミリとなり、被害が出た。... 続きを読む

平成元年の台風22号

平成元年(1989)9月19日、台風22号が鹿児島県大隅半島に上陸後、四国沖を通過し、大雨、竜巻となった。総降水量は成就社で160ミリ、三崎で150ミ... 続きを読む

明治28年8月の台風

明治28年(1895)8月24日、台風が桜島を通り、北九州を北上した。雨量は久主で318ミリ、越知で245ミリに、中村で157ミリに達し、多少被害。 続きを読む

昭和49年の台風8号

昭和49年(1974)7月6日、台風8号に伴う集中豪雨により、降雨量は305.5ミリに達した。被害は床上浸水1,520戸、床下浸水2,011戸、家屋の... 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月24日、台風が豊後水道を北上した。21日~24日の降水量は土佐清水495ミリ、三原875ミリ、川崎941ミリ、大正959ミリ... 続きを読む