安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
地震・津波  火災  
概要
安政元年(1854)11月4日から5日夜にかけて大地震があり、徳島城下と勝浦郡小松島浦村で大火事が発生し、県南の沿岸地方では津波の大被害を受けた。小松島、田島、日開野等の住民は津波に備えて、芝山(日峯山)、前山、天神山へ避難した。この時、北町光善寺付近の料理屋から出火し、浜須賀、新町、西町、中町に延焼した。北町は残らず灰燼と化した。丈六寺の旧記によると、神代橋、祇園・八幡の両社及び地蔵寺だけが残った。津波は幸いにして少し上陸したのみであったという。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市消防本部編「小松島市消防史」(小松島市、1976年)、2-3頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波 火災
NO.
徳島1374

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝小震あり、翌5日午後4時頃大地震が起こり、国中被害を受けないところはなかった。特に高知及び江廻の諸村の損害が最も烈しか... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日、5日に大地震が発生し、5日夕方には阿部浦を大津波が襲った。阿部の持福寺の過去帳には、津波で海士(鮑海士)1人が亡くなっ... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時)、地震が起こり、鈴浪が来る。翌5日7ツ半時(午後5時)未曾有の大地震が起こり、人々は狼狽し、子どもは叫ぶ... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時)、地震が起こり、鈴浪が来る。翌5日7ツ半時(午後5時)未曾有の大地震が起こり、人々は狼狽し、子どもは叫ぶ... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日、地震津波が来襲した。「真覚寺日記」には被害の様子が詳細に書かれている。午後5時頃未曾有の大地震が起こり、人々は狼狽し、... 続きを読む