安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県
災害種類
地震・津波  火災  
概要
安政元年(1854)11月4日から5日夜にかけて大地震があり、徳島城下と勝浦郡小松島村では大火が発生し、海部郡はじめ沿岸の浦村では津波の被害を受けた。被害は甚大で、「蜂須賀家記」には「封内の人家倒るるもの三千余、海部郡諸浦海溢れ、慮舎漂没し、人畜多く死す」と記されている。このほか、安政地震について「元木氏記録」、「勝浦郡志」、「海部郡誌(元日堂記録、浜名家記録、満徳寺記録)」の詳細な記事が掲載されている。
Googleマップ
参考文献
徳島県警察史編さん委員会編「徳島県警察史」(徳島県警察本部、1965年)、446-451頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 火災 津波 蜂須賀家記
NO.
徳島1124

よく似た災害

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日、5日に大震、11日、15日、25日及び12月12日、14日に強震があり、その間余震が続いた。蜂須賀家記には「封内の人家... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月3日・4日の地震を前触れとして、5日午後4時頃から大地震が襲来した。「塩屋記録」には地震の様子、死者を含めた被害の状況、被災... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月3日・4日の地震を前触れとして、5日午後4時頃から大地震が襲来した。「塩屋記録」には地震の様子、死者を含めた被害の状況、被災... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月3日・4日の地震を前触れとして、5日午後4時頃から大地震が襲来した。「塩屋記録」には地震の様子、死者を含めた被害の状況、被災... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日から5日にかけての地震の様子は、岸本の飛鳥神社境内の安政地震の記念碑に記されている。碑には「懲毖」の文字が刻まれ、後世の... 続きを読む