昭和46年の台風23号

災害年月日
1971年08月30日
市町村
徳島県那賀川流域
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和46年(1971)8月30日、台風23号の通過に伴い、瀬戸内側で100~300ミリ、太平洋側で200~300ミリ、東部山岳部で300~600ミリ、西部山岳部で300~800ミリの降雨があり、古庄ではHWL(計画高水位)まであと50cmに迫る洪水量7,300立米/秒を記録した。台風の速度がゆっくりでしかも迂回コースをとり、降雨が長期にわたったため、那賀川流域内の各所で山崩れ、崖崩れが相次ぎ、河道も堤防漏水、高水敷浸食・崩落、護岸及び根固めの洗掘・崩落の被害が発生した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局徳島工事事務所編「徳島工事五十年史」(建設省四国地方建設局徳島工事事務所、1997年)、182頁及び186頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 洪水 那賀川 山崩れ
NO.
徳島1411

よく似た災害

昭和46年の台風23号

昭和46年(1971)8月30日、台風23号により、総雨量は東部山岳部で300~600ミリとなった。雨量が多く、ダムの放流もあり、30日21時に古庄で... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日8時過ぎ、台風10号が高知県佐賀町付近に上陸し、四国西部、中国地方を横断して日本海に抜けた。総雨量は四国山岳部で300... 続きを読む

昭和30年6月の大雨

昭和30年(1955)6月18日~19日、梅雨前線による雨量は松山、大洲地方で多く、山岳部では山崩れがあり、各河川は増水した。肱川は満潮時に合致したた... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月14日~16日、台風18号(第二室戸台風)により、雨量は東予の山岳部で400~750ミリ、中予の山岳部で150~500ミリ、... 続きを読む

昭和43年の台風4号

昭和43年(1968)7月29日、台風4号により、総雨量は四国山岳部で300~600ミリ、瀬戸内側で50~100ミリ、太平洋側で100~200ミリとな... 続きを読む