昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月11日
市町村
徳島県那賀川流域
災害種類
土砂災害  
概要
昭和51年(1976)9月8日から13日まで、台風17号により雨が降り続き、那賀川流域では降雨量が日早で2,772ミリ、坂州で1,535ミリに及んだ。大雨が長期間継続したため、古庄では5回にわたり警戒水位(5.00m)を突破し、その通算時間は45時間に及んだが、ピークの水位は12日14時の5.95mにとどまり、ピーク流量は4,510立米/秒の中程度の洪水となった。那賀川流域の被害は家屋の床上浸水7戸、床下浸水19戸、浸水田畑216.2町であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局徳島工事事務所編「那賀川改修史」(建設省四国地方建設局徳島工事事務所、1981年)、94頁及び104頁及び135頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 大雨 洪水 那賀川
NO.
徳島1427

よく似た災害

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月9日、台風18号により、那賀川流域の総降水量は250~400ミリとなった。古庄の水位は9日10時の5.70mがピークであった... 続きを読む

平成16年の台風23号

平成16年(2004)10月20日、台風23号により、那賀川流域では午前9時からの6時間に300ミリ程度の降雨があり、総雨量は300~500ミリに及ん... 続きを読む

昭和54年の台風16号

昭和54年(1979)9月30日、台風16号により、那賀川(古庄)のピーク流量は6,037立米/秒に達した。那賀川水系の被害は浸水面積196ha、全壊... 続きを読む

昭和40年の台風24号

昭和40年(1965)9月14日、台風24号により、那賀川(古庄)のピーク流量は3,622立米/秒であったが、那賀川水系の被害は農地の浸水1,499h... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日~13日、台風17号により、総雨量は長沢で1,855ミリ、大北川で1,659ミリ、早明浦で1,574ミリ、柳瀬で1,25... 続きを読む