昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月12日
市町村
徳島県那賀町(木頭村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和51年(1976)9月8日から13日まで、台風17号により降り続いた雨で、日早では総降水量2,718ミリ、最大日降水量1,114ミリを記録した。木頭村誌によると、北川平地区では大崩壊により犠牲者が出るとともに、家屋の全壊2戸、半壊1戸、出原地区では浸水家屋27戸の被害を受けた。また、国道195号をはじめ道路は至る所で寸断されるとともに、流失・埋没した農地は35haに及んだ。
Googleマップ
備考
平地区には慰霊碑が建立されている。
参考画像
参考文献
国土交通省四国地方建設局・徳島県編「那賀川水系河川整備計画」(国土交通省四国地方建設局・徳島県、2007年)、9頁及び11頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 木頭村誌 平 土砂災害 国道195号
NO.
徳島1437

よく似た災害

昭和29年の台風15号

昭和29年(1954)9月25日~26日、台風15号により、関谷・大平木付近で水田が冠塩水するとともに、和田西小学校付近で国道と鉄道が被害を受けた。写... 続きを読む

大正14年の台風

大正14年(1925)9月17日~18日、台風により、総降水量は150ミリ~200ミリくらいになり、海上では風波高く、海陸とも災害を受けた。(「愛媛県... 続きを読む

昭和50年の台風5号

image

昭和50年(1975)8月17日、台風5号により、土佐市では時間雨量117ミリ、24時間雨量550ミリを記録した。鳴川地区では17日午後4時20分頃、... 続きを読む

昭和23年の豪雨

昭和23年(1948)8月26日、豪雨により、総降水量は南予で300ミリとなり、水害を受けた。伊方観測所の降水量は196ミリ。 続きを読む

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月9日4時頃、台風18号が宇和島市北方に再上陸し、南東に進路を変え、土佐湾に出て温帯低気圧となり、8時頃に紀伊水道に抜けた。総... 続きを読む