平成16年の台風10号

災害年月日
2004年07月30日
市町村
徳島県那賀町(上那賀町)
災害種類
土砂災害  
概要
平成16年(2004)7月30日~8月2日の4日間、台風10号により、四国の南東部は記録的な豪雨に見舞われた。上那賀町白石地区では、土石流が谷頭部にあたる標高530m付近の林道下から発生し、渓流沿いに比高差250m、水平距離で約600流下した。この崩壊により住宅6棟が倒壊し、中には十数mも押し流され、横倒しになった家や長さ20mを越えるような杉の丸太が何本も突き刺さった家もある。集落の43世帯106人全員が無事であったのは不幸中の幸いであった。
Googleマップ
参考文献
地盤工学会四国地域豪雨災害調査団「平成16年台風10号による四国地方豪雨災害速報」(地盤工学会編「土と基礎Vol.52-10」(地盤工学会、2004年、所収)、26頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 豪雨 上那賀町白石 土石流
NO.
徳島1483

よく似た災害

明治23年の洪水

明治23年(1890)旧7月27日午前8時頃より大雨が降り出し、12時頃増水し、仁井田川筋で山崩れに突き出され、木に押し流された家数1,000余戸、死... 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)7月30日~8月2日の4日間、台風10号により、四国の南東部は記録的な豪雨に見舞われた。木沢村阿津江で幅約200m、長さ約1,0... 続きを読む

平成16年の台風15号による土砂災害

image

平成16年(2004)8月17日から18日にかけて、四国地方は台風15号により局地的に強い雨に見舞われた。大野原町五郷地区では、17日17時40分頃発... 続きを読む

慶応2年寅年の洪水

慶応2年(1866)8月7日、雨が降り始め、翌日にさらに激しい大雨となった。山々からの濁流により、岸上、五條以下では河川が氾濫し、琴平市中では床上でも... 続きを読む

慶応2年寅年の洪水

慶応2年(1866)8月7日、雨が降り始め、翌日にさらに激しい大雨となった。山々からの濁流により、岸上、五條以下では河川が氾濫し、琴平市中では床上でも... 続きを読む