昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月00日
市町村
徳島県三好市(井川町)
災害種類
土砂災害  
概要
昭和51年(1976)9月、台風17号による集中豪雨のため、井川町正夫で顕著な地すべりが観測された。この報告は、台風17号前後にわたる、結晶片岩地すべり地の一つである正夫地すべり地での地表及び地中の観測結果を示したものである。
Googleマップ
参考文献
末峯章・島通保・小西利史「正夫地すべり地における変動観測結果」(日本地すべり学会編「地すべりVol.19-2」日本地すべり学会、1982年、所収)、20-24頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 集中豪雨 地すべり 井川町正夫
NO.
徳島1486

よく似た災害

明治19年の台風

image

明治19年(1886)、台風により、長者川に流路を代えて以来、長者地すべりが活発化したとされている。この研究では、長者地すべり地を対象として、地質構造... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)、台風5号に伴う異常な集中豪雨によって、高知県中央部では河川の著しい増水、氾濫、並びに地すべり、崩壊、土石流などの土砂災害が各地... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)、台風17号に伴う異常な集中豪雨によって、高知県中央部では河川の著しい増水、氾濫、並びに地すべり、崩壊、土石流などの土砂災害が各... 続きを読む

昭和50年の地すべり

昭和50年(1975)6月、横倉の水田8aに幅20cm、長さ60mの亀裂ができた。この付近は昭和30年(1955)2月に地すべり地に指定されていたとこ... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月、台風17号に伴う集中豪雨(連続雨量1,290ミリ)により、土佐町下地蔵寺で地すべりが起こり、家屋が被災した。この研究では、... 続きを読む