昭和50年の台風6号

災害年月日
1975年08月23日
市町村
徳島県美馬市(木屋平村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和50年(1975)8月22日から翌23日未明にかけて、台風6号が木屋平村を襲い、昭和13年以来の大災害をもたらした。なかでも川井地域、三ツ木地域では山腹の崩壊が起こり、民家や道路に流出した。また、この崩壊で生き埋めとなった中学生の救出作業中に2回目の崩壊が起こり、消防団員1人と消防職員3人が殉職した。木屋平村と美馬東部消防組合は殉職者の一周忌にあたり、災害の実態を後世に伝えるとともに、殉職者の霊を慰めるため殉職の碑を建立した。
Googleマップ
備考
木屋平村川井には殉職の碑が建立されている。
参考画像

参考文献
砂防広報センター編「碑文が語る土砂災害との闘いの歴史」(砂防広報センター、1998年)、226-227頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 山崩れ 川井 二次災害 殉職
NO.
徳島1501

よく似た災害

昭和50年の台風6号

image

昭和50年(1975)8月22日から23日未明に、台風6号が襲来した。川井地域、三ツ木地域で山腹崩壊が起こり、民家や道路が流失し、生き埋めとなった人を... 続きを読む

昭和51年の台風6号

image

昭和51年(1976)8月23日、台風6号に伴う豪雨により、木屋平村川井地区で山崩れが発生し、少年が生き埋めになった。救援活動中に再度山津波が起こり、... 続きを読む

昭和47年の繁藤災害

image

昭和47年(1972)7月5日、梅雨明けを間近にして前線が再び活発になり、土佐山田町繁藤で2時間の雨量が167ミリに達した。午前5時過ぎ、幅20m、高... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日、台風17号により、穴吹川で洪水。木屋平村滝の宮の写真1枚。 続きを読む

明治25年の保瀬の崩壊

image

明治25年(1892)7月、豪雨により、海南町保瀬で大崩壊が起こり、47人の犠牲者を出した。この時も、高磯山の崩壊と同様に、崩壊した土砂が河谷を埋めて... 続きを読む