昭和50年の台風6号

災害年月日
1975年08月24日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
昭和50年(1975)8月24日、台風6号により、徳島県で被害大。
Googleマップ
参考文献
建設省四国地方建設局監修「四国の清流 ふるさとの川」(四国建設弘済会、1992年)、136頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風
NO.
徳島7342

よく似た災害

明治29年8月の台風

明治29年(1896)8月19日、台風により、特に板野郡で被害大。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等によ... 続きを読む

昭和49年の台風8号

昭和49年(1974)7月6日、台風8号により、県下東海岸部で被害が大きかった。床上浸水87戸の被害が出た。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県... 続きを読む

昭和33年の台風17号

昭和33年(1958)8月25日、台風17号が紀伊水道から和歌山県に上陸し、大雨のため、三重県、愛知県で被害が大きかったが、徳島県の被害は軽微であった... 続きを読む

平成2年の台風19号

平成2年(1990)9月16日~20日、台風19号により、高知で被害大。 続きを読む

昭和28年の台風13号

昭和28年(1953)9月25日、台風13号により、徳島県下の各河川が大洪水となった。特に板野郡で被害が大きく、宮川内谷川の堤防決壊10箇所、一条姥御... 続きを読む