大正元年の洪水・土砂災害

災害年月日
1912年09月22日
市町村
徳島県吉野川流域
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正元年(1912)9月22日~23日、吉野川大洪水。徳島県名東・名西両郡では飯尾川の氾濫が重なり大氾濫。大小渓流の水源地及び流域沿岸の崩壊が多かった。
Googleマップ
参考文献
日本工営編「四国山地の土砂災害」(国土交通省四国地方整備局四国山地砂防事務所、2004年)、37頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
洪水 吉野川 飯尾川 土砂災害
NO.
徳島1539

よく似た災害

大正元年9月の洪水

大正元年(1912)9月23日、洪水により、板野郡誌によれば、水嵩は田の面上1丈(3m)、潮水の浸水5尺(1.5m)と言われた。特に名東・名西両郡の被... 続きを読む

明治9年の洪水

明治9年(1876)、四万十川の大氾濫があった。中村町でも住家の倒壊が多く、被害は甚大であった。藩政中期以後の山林伐採が災害をもたらした洪水ということ... 続きを読む

大正5年の大雪

大正5年(1916)12月25日より大雪となり、翌年2月27日まで雪が降り続いた。薪がとれず、困窮の人が多かった。 続きを読む

宝永元年の洪水

宝永元年(1704)8月1日及び17日、洪水氾濫。中筋川流域の被害が多かった。(四万十川の主な洪水の歴史による) 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月22日午後2時より大雨となり、午後11時30分より翌23日午前1時30分まで暴風雨が猛烈を極め、午前6時5分に浸水が全町に及ん... 続きを読む