大正元年の洪水

災害年月日
1912年09月22日
市町村
香川県琴平町
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月22日、暴風雨による金倉川の洪水で、玄孝橋、戎橋、賭場前の橋三橋が流失、汐見橋、伊満橋、小松橋、栄橋の四橋が落下した。栄橋が落ちた時の写真及び高燈籠付近の家屋全半壊の写真が掲載されている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
琴平町史編集委員会編「町史 ことひら 5絵図・写真編」(琴平町、1995年)、425頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
暴風雨 金倉川 洪水 栄橋 写真
NO.
香川2188

よく似た災害

大正元年の洪水

image

大正元年(1912)、洪水。山瀬小学校南川の螢川沿いに洪水碑が建っており、この付近で8尺7寸(約2.6m)の浸水があったことを今に伝えている。碑の写真... 続きを読む

大正4年の大火

大正4年(1915)1月8日、久礼町で大火、230戸が焼失した。被災後の写真が掲載されている。 続きを読む

昭和58年の台風10号

昭和58年(1983)9月28日、台風10号が来襲。買田川が増水した。上郷見橋付近の増水時の写真が掲載されている。 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月14日、台風12号。第十樋門の写真1枚、吉野川橋付近(水位上昇中)の写真1枚、岩津付近(左岸)の写真1枚、水没している中鳥島... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)8月24日、大暴雨により、富田村では河川が決壊し、宮川橋、爛川橋、石川橋、落合橋が落ち、富田中で堤防決壊180間、道路決壊2箇所6... 続きを読む