大正元年の台風

災害年月日
1912年09月21日
市町村
愛媛県四国中央市(川之江市)
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月21日、台風が高知から神戸へ進み、東予の雨量は350ミリ以上となった。金生川堤防が決壊し、死者多し。(「愛媛県史概説下巻」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊予三島市史編纂委員会編「伊予三島市史 中巻」(伊予三島市、1986年)、509頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 金生川決壊 死者
NO.
愛媛2034

よく似た災害

昭和12年の台風

昭和12年(1937)9月11日、台風が足摺岬から岡山に進み、金生川が決壊し、川之江町の被害が甚大となった。(「愛媛県史概説下巻」による) 続きを読む

昭和13年の台風

昭和13年(1938)9月5日、台風が室戸岬から四国東部に進み、川之江町の金生川が決壊。(「愛媛県史概説下巻」による) 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、阿久根台風により、東予の雨量は600ミリ以上となった。(「愛媛県史概説下巻」による) 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日、台風17号。(「愛媛県史概説下巻」による) 続きを読む

昭和57年の台風19号

昭和57年(1982)9月24日、台風19号。(「愛媛県史概説下巻」による) 続きを読む