明治38年の台風

災害年月日
1905年08月00日
市町村
愛媛県西条市
災害種類
風水害  
概要
明治38年(1905)8月の台風は降雨量が多く、田畑の浸水、稲作の被害が甚だしかった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
久門範政編「西條市誌」(西条市、1966年)、1061頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛2153

よく似た災害

明治38年の台風

明治38年(1905)8月の台風は風力が弱かったにもかかわらず、降雨量が多く、田畑の浸水が甚だしく、稲作の被害が甚大。(西条市自然災害年表による) 続きを読む

明治45年の台風

明治45年(1912)8月24日、暴風雨。特に大部以西の被害が甚だしかった。 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)6月19日、暴風雨。農作物特に桃、リンゴの落果が甚だしかった。 続きを読む

明治44年6月の台風

明治44年(1911)6月19日、暴風雨により農作物、特に桃、りんごの落果が甚だしかった。 続きを読む

文政5年の大雨

文政5年(1822)6月3日、4日、大雨、洪水により、被害が甚だしかった。 続きを読む