大正7年の台風

災害年月日
1918年07月12日
市町村
愛媛県西条市
災害種類
風水害  
概要
大正7年(1918)7月12日、台風により、加茂川堤防は上砂、長丁付近で決壊し、水田は砂礫に埋まった。国道が通る加茂川橋は一部陥落した。市塚付近では屋根のみを残す浸水状況であった。(写真1枚)
Googleマップ
参考文献
尾野和生編「写真集 西条」(国書刊行会、1981年)、56頁
情報源の種類
写真集
キーワード
台風 加茂川堤防 加茂川橋 写真
NO.
愛媛2180

よく似た災害

大正7年の台風

大正7年(1918)7月、台風により被害甚大。浸水家屋が多く、市塚付近ではわずかに屋根のみ水上に見えた。加茂川堤防は上砂、長丁付近2回決壊、田は砂礫に... 続きを読む

大正7年7月の台風

大正7年(1918)7月、台風による被害甚大、浸水家屋も多かった。市塚付近ではわずかに屋根のみ水上に見えた。加茂川堤防は上砂、長丁付近2回決壊、田面は... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月16日から雨天が続き、22日夕方から暴風雨となり、園瀬川の堤防が決壊して大洪水となった。馬越下の民家では屋根まで水が来て、中に... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)、東予地方大水害。渦井川、加茂川大出水。西條町付近は本町と四軒町の一部を除いて床上浸水無数。竹之巷にあった高等女学校の寄宿舎の生徒... 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)9月14日、暴風雨により、死者3人、重傷者2人、住家の全壊34戸、半壊37戸、大破47戸、流失1戸、非住家全壊34戸、半壊37戸、... 続きを読む