享保17年の多雨

災害年月日
1732年08月00日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
その他(長雨)  
概要
享保17年(1732)7月、多雨が降り続き、ウンカ大発生し、稲田収穫皆無。
Googleマップ
参考文献
壬生川郷土史研究委員会編「壬生川郷土史」(壬生川郷土史研究委員会、2009年)、71頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨
NO.
愛媛2185

よく似た災害

享保17年の長雨

享保17年(1732)夏の初めより長雨が降り続き、加えて6月末からウンカの大発生により、収穫皆無という惨状となった。 続きを読む

享保17年の多雨

享保17年(1732)、多雨、うんか大発生、収穫皆無の所多し。松山領では、筒井村の作兵衛が麦種を保存することに腐心して餓死し、義農と称えられるようにな... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)5月下旬から6月にかけて霖雨が降り続き、田畑にウンカが発生した。このため、7月中旬には伊予郡の野良には一本の青草も見られなかった... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)7月、多雨、うんかにより、稲田収穫皆無。享保の大飢饉。(「災害の歴史」、「愛媛社会経済年表」、その他郷土資料による) 続きを読む

天保4年の長雨

天保4年(1833)、長雨が降り続き、その上害虫が発生して稲作と雑穀は収穫皆無となった。 続きを読む