明治40年9月の台風

災害年月日
1907年09月07日
市町村
愛媛県西条市(小松町)
災害種類
風水害  
概要
明治40年(1907)9月7日~8日、台風により、東予地方の奥地で1,000ミリを超す雨量。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松町誌編さん委員会編「小松町誌」(小松町、1992年)、62頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛2261

よく似た災害

明治26年の台風

明治26年(1893)10月14日、台風により、雨量192ミリを記録。四国地方の被害甚大、特に東予地方甚だし。両陛下、片岡侍従を差し遣わし視察せらる。... 続きを読む

明治43年9月の台風

明治43年(1910)9月8日、台風により、雨量100ミリを記録。各地で水害。(「愛媛県史」による) 続きを読む

明治44年9月の台風

明治44年(1911)9月22日、台風により、200~250ミリを記録。雨量多く、各地で水害。(「愛媛県史」による) 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月15日、台風による大雨で、山地での日雨量は400ミリを越した。西部の被害は大きかった。須崎の雨量200~300ミリ、梼原37... 続きを読む

昭和24年の台風

昭和24年(1949)、台風により大きな風水害が起きた。700ミリを超す雨に四万十川の水位が上昇し、流域の河川が逆流し氾濫した。支流の中筋川流域でも堤... 続きを読む