明治40年9月の台風

災害年月日
1907年09月07日
市町村
高知県越知町
災害種類
風水害  
概要
明治40年(1907)9月7日、台風が九州西岸から山口県に進んだ。雨量は越知で402ミリに達し、被害は堤防決壊2箇所、延長20間、道路の破損11箇所、延長140間、橋梁流失1箇所、田畑の浸水15町であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
越知町史編纂委員会編「越知町史」(越知町、1984年)、1033頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 堤防決壊
NO.
高知1874

よく似た災害

明治25年の水害・土砂災害

明治25年(1892)7月23日、宍喰川の氾濫と山岳崩壊により、宍喰村は下記の被害を受けた。流死1人、家屋半壊4戸、浸水190戸、船舶の破壊・流失2艘... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、猛烈な台風が襲来し、多度津測候所では瞬間最大風速52mを記録した。造田地区では、建物の破壊・浸水173戸、年季荒れの... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日午後9時頃、風向きが東方から西に急転すると同時に猛烈な台風となり、多度津測候所の観測では最大風速が秒速52.5mに達し... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)8月24日、大暴雨により、富田村では河川が決壊し、宮川橋、爛川橋、石川橋、落合橋が落ち、富田中で堤防決壊180間、道路決壊2箇所6... 続きを読む

大正7年8月の台風

大正7年(1918)8月29日、台風が室戸をかすめて大阪へ抜けた。被害は死者2人、全壊158戸、半壊113戸、流失3戸、床上浸水188戸、床下浸水42... 続きを読む