昭和42年の集中豪雨

災害年月日
1967年07月09日
市町村
愛媛県西条市(小松町)
災害種類
風水害  
概要
昭和42年(1967)7月9日、集中豪雨により県下の被害は死者9人、負傷者9人、家屋の全半壊89戸、被災者13,991人、損害額22億円。(「愛媛県史概説」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松町誌編さん委員会編「小松町誌」(小松町、1992年)、65頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 死者 愛媛県史概説
NO.
愛媛2366

よく似た災害

昭和42年7月の集中豪雨

昭和42年(1967)7月9日、集中豪雨により、県下の被害は死者9人、負傷者9人、家屋全半壊89戸、被災者13,991人、損害額22億円。(西条市自然... 続きを読む

昭和36年10月の集中豪雨

昭和36年(1961)10月26日~27日の集中豪雨のため、室生峠が土砂で埋没し、内海町西村地区の各所では山崩れ・地崩れ、安田では三五郎池の決壊等によ... 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日、ルース台風により、宇摩郡で320戸が全半壊。(「愛媛県史概説下巻」による) 続きを読む

昭和47年9月の集中豪雨

image

昭和47年(1972)9月15日、集中豪雨により高知市比島町の比島山北面が突然崩れ、火災発生も災いし、犠牲者を出した。被害は、死者11人、負傷者3人、... 続きを読む

昭和47年の集中豪雨

昭和47年(1972)9月8日、集中豪雨のため、今治で蒼社川、浅川、龍登川などが氾濫し、重軽傷者8人、家屋の全半壊14戸、床上浸水972戸、床下浸水5... 続きを読む