昭和42年の集中豪雨

災害年月日
1967年07月09日
市町村
高知県高知市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和42年(1967)7月9日、県下全域が集中豪雨に見舞われ、国鉄土讃本線が土砂崩れにより寸断され、平野部でも浸水被害が続出した。高知市では9日午後3時20分に庁内に水防本部を設置し対策にあたったが、各河川の増水・出水が甚だしく、福井団地を中心とする市西北部で約5,000戸の浸水被害を出した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知市史編纂委員会編「稿本 高知市史 現代編」(高知市、1985)、195頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 洪水 土砂崩れ 福井団地
NO.
高知473

よく似た災害

昭和36年の集中豪雨

昭和36年(1961)10月25日19時頃から雨が降り出し、翌日2時頃から未曾有の豪雨となり、各地区では山崩れ、河川の氾濫・決壊、ため池の決壊が相次ぎ... 続きを読む

昭和43年の集中豪雨

昭和43年(1968)8月26日、長浜地方の集中豪雨により、大和川をはじめ各河川の氾濫、崖崩れ、浸水等により、被害は甚大となった。2時~3時の間に86... 続きを読む

平成2年8月の集中豪雨

平成2年(1990)8月17日、秋雨前線による集中豪雨のため、市内各河川等の増水により中小水路が氾濫し、住居の床下浸水6世帯、湖畔崩壊等の被害。(西条... 続きを読む

平成16年の台風23号

平成16年(2004)10月20日、台風23号により、午前9時50分に町水防本部設置。宮川、竿川が増水し、午後3時30分に笠岡・岡本・本山甲地区で自主... 続きを読む

昭和54年の集中豪雨

昭和54年(1979)6月17日から7月1日までの雨量は480ミリ、山間部では600ミリを超えた。特に6月30日には1時間当たり100~150ミリの集... 続きを読む