元和2年の洪水

災害年月日
1616年00月00日
市町村
愛媛県西条市(丹原町)
災害種類
風水害  
概要
元和2年(1616)、大洪水により中山川が大破し、民家が漂流し、死者が多数出た。また、田野上方の道満寺が流失した。川根谷の出水で高松へ押し抜き、川口が潰れ、入津出船が止まった。(「田野村誌」等による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
丹原町誌編さん委員会編「丹原町誌」(丹原町、1991年)、39頁及び41頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 中山川 死者 道満寺
NO.
愛媛2443

よく似た災害

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、降雨による大出水で高松川尻が決壊し、川根への村林道約100mが流失。高松橋大破、西山川尻大壊、道路・田畑流失。翌1... 続きを読む

明治38年の洪水

明治38年(1905)8月、中山川の出水により堤塘及び3箇所の堰が流失し、来見橋も流失した。(「田野村誌」等による) 続きを読む

元和2年の洪水

元和2年(1616)、大洪水により、中山川筋が大破、家や人が漂流。(「災害の歴史」、「愛媛社会経済年表」、その他郷土資料による)また、田野村「野口庄屋... 続きを読む

寛保3年の洪水

寛保3年(1743)、中山川の出水により来見字柳原の堤防154間が破壊され、人畜の流失は悲惨であった。(「田野村誌」等による) 続きを読む

昭和6年の洪水

昭和6年(1931)10月13日、洪水により宗呂橋、松の尾橋等が流失し、この橋が下川口橋にかかると間もなく下川口橋も南半分を残して流失した。この被害に... 続きを読む