寛文2年の火災

災害年月日
1662年00月00日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
火災  
概要
寛文2年(1662)、壬生川村で火災があり、庄屋与左衛門の居宅・土蔵まで類焼して重要書類を焼失したという記録がある。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
東予市誌編さん委員会編「東予市誌」(東予市、1987年)、452頁及び471頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 壬生川
NO.
愛媛2601

よく似た災害

寛政元年の火災

寛政元年(1789)1月10日、東浜の火事でほとんどを焼き尽くし、東西の人家わずか6軒残ったという記録がある。 続きを読む

正徳元年の火災

正徳元年(1711)2月28日、味酒村から出火。木屋町、鍛治屋町まで類焼して220軒焼失。(「予松御代鑑」による) 続きを読む

天明8年の火災

天明8年(1788)、火災により、上ノ加江浦分が全焼した。孫之丞焼と言われている。浦分庄屋をしていた大谷氏が罹災民に補米をして急場を救い、藩から褒賞せ... 続きを読む

享和3年の大火

享和3年(1803)8月9日夜丑刻、壬生川村で大火があり、109軒が焼失したため、幕府に届けたという記録がある。 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)の地震により、鞆浦で波高10丈(約30m)の津波があったという記録が残っている。 続きを読む