寛文2年の火災

災害年月日
1663年01月13日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
火災  
概要
寛文2年(1662)12月4日、木屋町から出火。14軒類焼する。(「本藩譜」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第2巻」(松山市、1993年)、209頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 木屋町 本藩譜
NO.
愛媛3545

よく似た災害

寛文2年の火災

寛文2年(1662)12月4日、木屋町より出火し、類焼14軒。(「松山叢談」による) 続きを読む

寛文8年の火災

寛文8年(1668)10月22日、藤原町から出火。108軒焼失する。(「予松御代鑑」による) 続きを読む

正徳3年の火災

正徳3年(1713)2月5日、代官町から出火。侍屋敷61、足軽組家108、町家62、寺2戸類焼する。(「松山府要」「予松御代鑑」による) 続きを読む

万治3年の火災

万治3年(1660)11月27日、火災で202軒類焼する。(「本藩譜」による) 続きを読む

明和7年の火災

明和7年(1770)12月26日、山手代町から出火、新立まで焼失する。また、同夜、北清水町からも出火し、鉄砲屋町東詰で止まる。侍屋敷11、徒士以下の家... 続きを読む