延享2年の洪水

災害年月日
1745年06月28日
市町村
愛媛県今治市(玉川町)
災害種類
風水害  
概要
延享2年(1745)5月29日~6月1日、大雨、洪水により、道決壊18箇所258間、土手決壊90箇所1,702間、壊家89戸、死者2人。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
玉川町誌編纂委員会編「玉川町誌」(玉川町、1984年)、830頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水 堤防決壊 死者
NO.
愛媛2699

よく似た災害

延享2年の洪水

延享2年(1745)5月29日、大雨洪水。道路決壊2,580間、土手決壊90箇所、死者2名。 続きを読む

延享2年洪水

延享2年(1739)5月29日~6月1日の大雨洪水により、土手切れ90箇所1,702間、潰家89間、死者2人、損毛9,810石余。(「国府叢書」、「今... 続きを読む

延享元年の洪水

延享元年(1744)、加茂川大出水、堤防決壊。中野村の決壊家屋32棟。 続きを読む

元文4年の台風・高潮

元文4年(1739)8月5日、暴風雨大洪水高潮。別宮寺町床上浸水、水田冠水862町、米損害8,553石、倒壊家屋31戸、土手決壊18箇所、溺死1名。 続きを読む

延享3年の洪水

延享3年(1746)、井関村(現大野原町)で洪水が起こった。(「佐伯家文書の延享3年「万覚帳」による) 続きを読む