延享2年洪水

災害年月日
1745年06月28日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  
概要
延享2年(1739)5月29日~6月1日の大雨洪水により、土手切れ90箇所1,702間、潰家89間、死者2人、損毛9,810石余。(「国府叢書」、「今治拾遺」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治郷土史編さん委員会編「現代の今治 地誌 近・現代4」(今治市、1990年)、109頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水 死者 国府叢書 今治拾遺
NO.
愛媛2875

よく似た災害

元文4年の洪水

元文4年(1739)8月5日、大洪水で蒼社川、頓田川の堤防が切れ、田畑862町余に潮入、潰家319軒、減収7,596石余。(「国府叢書」、「今治拾遺」... 続きを読む

嘉永3年の風水害

嘉永3年(1850)10月、風水害により凶作。食物の貯蔵を支持。(「国府叢書」による)/ 損毛16,258石余。(「今治拾遺」による) 続きを読む

元文4年の洪水

元文4年(1739)8月5日、風雨が激しくなり、洪水と高潮により土手が切れるなどして被害が発生した。潮入田畑6,325石余、砂入田畑2,227石余、潰... 続きを読む

延享2年の洪水

延享2年(1745)5月29日及び6月1日、大雨、洪水、潰家89軒、流死2人。(「今治拾遺」による) 続きを読む

延宝3年の洪水

延宝3年(1675)8月5日、大洪水で真光寺前堤防、松源院の土手切れる。(「国府叢書」による) 続きを読む