大正15年の洪水

災害年月日
1926年07月07日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  
概要
大正15年(1926)7月7日、洪水。1日の雨量240ミリ、寺町、室屋町、北新町、慶応町、別宮方面浸水(別宮、今治校区被害大)、浅川堤決壊。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治市誌編さん委員会編「新 今治市誌」(今治市、1974年)、42頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 堤防決壊 浅川
NO.
愛媛2780

よく似た災害

大正15年の洪水

大正15年(1926)7月7日、洪水により浅川決壊、市街浸水。(「今治市誌」による) 続きを読む

大正15年の洪水

大正15年(1926)7月6日午前10時からの24時間雨量は240ミリに達し、7日洪水が発生した。市内平坦部で浸水しなかったのは日吉、蔵敷の一部に過ぎ... 続きを読む

大正15年の洪水

大正15年(1926)7月6日午後2時から降り出した豪雨は、7日深夜に最も激しくなった。このため、浅川、蒼社川の2支流が氾濫して、別宮・今治校区の約5... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日、土器川堤防決壊4箇所57間、排水堤防決壊4箇所100間、浸水家屋360戸、流出家屋15戸、罹災救助318人、浸水反別1... 続きを読む

大正15年の洪水

大正15年(1926)7月7日、洪水により、浅川決壊し、被害箇所56箇所。7日午前10時までの24時間雨量は240ミリ。 続きを読む