大正15年の洪水

災害年月日
1926年07月07日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  
概要
大正15年(1926)7月7日、洪水により浅川決壊、市街浸水。(「今治市誌」による)
Googleマップ
参考文献
今治郷土史編さん委員会編「現代の今治 地誌 近・現代4」(今治市、1990年)、110頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 浅川決壊 今治市誌
NO.
愛媛2910

よく似た災害

大正15年の洪水

大正15年(1926)7月7日、洪水により、浅川決壊し、被害箇所56箇所。7日午前10時までの24時間雨量は240ミリ。 続きを読む

昭和25年のキジア台風

昭和25年(1950)9月13日、キジア台風。金星川に潮水逆流して浸水、浅川決壊、田畑流失66町歩。(「新今治市誌」による) 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月13日、台風12号により、商店街浸水1,700戸、全半壊70戸。(「新今治市誌」による) 続きを読む

大正14年の暴風

大正14年(1925)3月14日、暴風により漁船の被害、死者多し。(「今治市誌」による) 続きを読む

大正15年の洪水

大正15年(1926)7月7日、洪水。1日の雨量240ミリ、寺町、室屋町、北新町、慶応町、別宮方面浸水(別宮、今治校区被害大)、浅川堤決壊。 続きを読む