寛保3年の風雨

災害年月日
1743年09月00日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  
概要
寛保3年(1743)10月22日、8月の風雨により藩内損毛届15,322石余。(「今治拾遺」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治郷土史編さん委員会編「現代の今治 地誌 近・現代4」(今治市、1990年)、109頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 今治拾遺
NO.
愛媛2873

よく似た災害

宝暦7年の風雨

宝暦7年(1757)7月26日、大風雨により、城郭、櫓など破損、潰家1,326軒、牛馬屋潰540軒、倒木2,226本、死者1人、郡内損毛18,081石... 続きを読む

宝暦8年の風雨

宝暦8年(1758)8月26日、大風雨により、倒壊1,700軒。当年の雨天続きによる損毛届郡内で6,251石余。(「今治拾遺」による) 続きを読む

寛保元年の風雨

寛保元年(1741)7月22日、風雨、損毛64,000余石。(「松山叢談」による)/7月22日、風雨、増水16尺。(「加藤家譜」による)/7月22日、... 続きを読む

宝暦元年の風雨

宝暦元年(1751)閏6月18日~20日、強風、大雨、海嘯、損毛8千石余。(「今治拾遺」による) 続きを読む

寛保元年の風雨

寛保元年(1741)7月22日御届、風雨による損毛14,083石2斗余、その後不熟50,4862斗余、都合64,569石4斗余。(「松山叢談(本藩譜)... 続きを読む