天保7年の長雨

災害年月日
1836年08月00日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
その他(長雨)  
概要
天保7年(1836)7月~8月、雨天続きで凶作、損毛21,528石余。飢人、餓死者あふれる。(「国府叢書」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治郷土史編さん委員会編「現代の今治 地誌 近・現代4」(今治市、1990年)、110頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 死者 国府叢書
NO.
愛媛2888

よく似た災害

天保9年の長雨

天保9年(1838)12月1日、雨天続きで不熟損毛届15,681石余。(「国府叢書」による) 続きを読む

天保6年の長雨

天保6年(1835)、雨天続きで凶作、米麦とも不作。(「国府叢書」による) 続きを読む

万延元年の長雨

万延元年(1860)4月、雨天続きで凶作、祈祷さかん。(「国府叢書」による) 続きを読む

元文元年の長雨

元文元年(1736)11月25日、夏の雨天続きにより、稲作不作高20,984石余。(「国府叢書」による) 続きを読む

天保10年の長雨

天保10年(1839)3月15日、毎日雨天続き。(「兵助日記」による) 続きを読む