昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月00日
市町村
愛媛県上島町(弓削町)
災害種類
風水害  
概要
昭和51年(1976)9月、台風17号が鹿児島沖に停滞し、6日間も豪雨が降り続いたため、弓削町でも降り始めからの雨量が300.5ミリを記録した。この雨量は本町の平均年間降雨量の4分の1に相当し、道路・畑の流失箇所に、鉄砲水による墓の流失100基をかぞえて、稀に見る大被害であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
弓削町編「弓削町誌」(弓削町、1986年)、15頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 豪雨 鉄砲水
NO.
愛媛3187

よく似た災害

昭和24年のヘスター台風

昭和24年(1949)7月30日午後9時頃から翌31日午前5時までどしゃ降りとなり、この間に300ミリという大量の雨が降った。これは三野町の年間雨量の... 続きを読む

昭和4年の干ばつ

昭和4年(1929)、干ばつ。年間降雨量917.9ミリ。 続きを読む

昭和37年の干ばつ

昭和37年(1962)、干ばつ。年間降雨量956.7ミリ。 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月21日~24日、台風による豪雨が続き、松山地方では年平均雨量の5か月分に相当する540ミリの雨量が降った。洪水は23日朝に松... 続きを読む

昭和27年のダイナ台風

昭和27年(1952)6月23日、台風2号(ダイナ台風)が潮岬のすぐ南方を通過した。県内では100~200ミリの短時間降雨があり、徳島では時間雨量55... 続きを読む