昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月21日
市町村
愛媛県上島町(生名村)
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)9月21日、四国地方を襲った室戸台風により、東予地方では500ミリに達する降雨があり、瀬戸内では風速30m以上の暴風に見舞われた。生名村では船舶ほかに被害が発生し、農作物も2割減収が901町歩に達した。愛媛県下の被害は死者・行方不明30人、家屋の全壊・流失156戸、浸水6,314戸、船舶の流失188隻と報じられている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
生名村誌編纂委員会編「生名村誌」(生名村、2004年)、386-387頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
室戸台風 死者
NO.
愛媛3189

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が来襲、室戸岬測候所で最低気圧684ミリの世界新記録。県下の被害は死者28人、家屋の全壊85戸、半壊71戸、道... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月20日夜より暴風雨の状態となり、翌21日午前5時30分に至り風速30mの台風に暴雨を交え、そのすさまじきこと形容すべからず、樹... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風は室戸岬から淡路島、大阪湾をへて近畿地方に上陸した。県下の被害は、死者18人、行方不明1人、負傷者30人、家屋... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月20日から21日にかけて、高知地方は暴風雨及び津波に見舞われた。21日午前4時、安芸郡室戸岬の気圧は世界的記録の684ミリ、風... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日早暁、台風が室戸岬の西方に上陸し、徳島市の西方を通り、淡路島を縦貫して兵庫県から北越に出て日本海に去った。この台風で、本... 続きを読む