明治38年の台風

災害年月日
1905年07月02日
市町村
愛媛県今治市(大三島町)
災害種類
風水害  
概要
明治38年(1905)7月2日、暴風雨で母子が流され、母は助けられたものの、4歳の娘の死体は翌日干島で漁師に見つけられた。 また、13日にも暴風雨が再来して、落ちた石橋を取り除く作業を手伝っていた人が亡くなった。(「万福寺過去帳」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大三島町誌編纂会編「大三島町誌 一般編」(大三島町、1988年)、1023-1024頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者 万福寺過去帳
NO.
愛媛3273

よく似た災害

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、県下暴風雨、小豆島の被害も少なくなかった。9月8日にも暴風雨。(「町史年表」による) 続きを読む

明治23年の台風

明治23年(1890)9月11日、雨台風により、特に新荘川の氾濫が甚だし。この年は8月21日、9月17日、9月24日にも暴風雨があり、農作物は半作以下... 続きを読む

明和9年の洪水

明和9年(1772)8月28日~29日の暴風雨と高潮により田畑、御林などに被害が出た。また、9月26日にも暴風雨が襲来して、洪水、高潮による被害が出た... 続きを読む

昭和25年のキジア台風

昭和25年(1950)9月12日~15日、キジア台風が襲来した。ジェーン台風の被害が未処理の時に台風が再来したので、被災地は打ちのめされた。降雨量は1... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日、暴風雨が襲来し、特に風害が甚大であった。 続きを読む