昭和45年の台風10号

災害年月日
1970年08月21日
市町村
愛媛県松山市(北条市)
災害種類
風水害  
概要
昭和45年(1970)8月21日午前9時頃、台風10号は高知県佐賀町に上陸し、速度を速めながら四国西部一円を暴風圏につつんで北上し、松山から瀬戸内海を渡り、広島から中国山地を横断して日本海を北上した。北条市では21日早朝から東よりの暴風雨が午後2時頃まで続き、家屋の全半壊、床上・床下浸水が相次ぎ、農林水産関係の被害が甚大であった。高縄寺山門脇の子持杉(市天然記念物)が倒伏し、鹿島公園でも海水の流入により公園南側の松が3分の一倒伏するなどし、総額14億円の被害が出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
北条市誌編集委員会編「北条市誌」(北条市誌編纂会、1981年)、63頁及び70頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 高縄寺 鹿島公園
NO.
愛媛3439

よく似た災害

昭和16年7月の台風

昭和16年(1941)7月、暴風雨により勝浦川が増水、氾濫し、タバコ葉の被害が甚大であった。(「勝浦町前史」、「勝浦町後史」による) 続きを読む

昭和13年7月の台風

昭和13年(1938)7月、暴風雨により勝浦川が増水し、タバコ葉の被害が甚大であった。(「勝浦町前史」、「勝浦町後史」による) 続きを読む

昭和35年の台風10号

昭和35年(1960)8月29日、台風16号の影響で、オリーブの被害が甚大であった。 続きを読む

明治26年の台風

明治26年(1893)10月14日、台風により、東予、中予の被害が甚大で、明治期で最大の災害であった。宮窪町では大川流域の田畑の被害は多大であった。 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月15日、台風が奄美大島付近を北上し、九州南岸に上陸後、北東に転向して宇和島付近を通過した。山地での日雨量は400ミリを超し、... 続きを読む