正徳3年の火災

災害年月日
1713年03月01日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
火災  
概要
正徳3年(1713)2月5日、代官町より出火、類焼333軒。(「松山叢談」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市編「松山市誌」(松山市、1914年)、30頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 代官町 松山叢談
NO.
愛媛3469

よく似た災害

正徳3年の火災

正徳3年(1713)2月5日、代官町から出火。侍屋敷61、足軽組家108、町家62、寺2戸類焼する。(「松山府要」「予松御代鑑」による) 続きを読む

正徳元年の火災

正徳元年(1711)2月28日、味酒より出火、木屋町、鍛治屋町全焼。(「松山叢談」による) 続きを読む

明和7年の火災

明和7年(1770)12月26日、山手代町より出火、新立まで、清水町より出火、類焼650軒。(「松山叢談」による) 続きを読む

寛文2年の火災

寛文2年(1662)12月4日、木屋町より出火し、類焼14軒。(「松山叢談」による) 続きを読む

元禄14年の火災

元禄14年(1701)4月17日、長町より出火、西風強く136軒類焼。(「松山叢談」による) 続きを読む