昭和30年の台風22号

災害年月日
1955年09月30日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
昭和30年(1955)9月30日、台風22号は興居島方面に大きな被害をもたらした。災害救助法が適用され、仮設住宅1戸建設、応急修理7戸実施、及び生活必需品の給付等が行われた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第4巻」(松山市、1995年)、219頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 興居島 災害救助法
NO.
愛媛3591

よく似た災害

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月13日、台風12号が北上した。12日~13日の雨量は東津野で628ミリ、梼原で582ミリで、渡川では洪水となった。須崎の被害... 続きを読む

昭和29年の洞爺丸台風

昭和29年(1954)9月26日、台風15号(洞爺丸台風)により、本県では2時から7時にかけて暴風が激しく、宿毛では6時13分に最大瞬間風速54.8m... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月13日、台風17号により、海岸道路の石垣等の被害が甚大であった。海岸道路は県に移管され、道幅の拡張、パラペット工事等が行われ... 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月8日~10日、台風9号により、梼原の降雨量は886ミリ。(津野山地域災害異常略年譜)/「梼原町史」によると、被害は死者1人、... 続きを読む

平成10年9月の豪雨

平成10年(1998)9月24日~25日の豪雨のため、25日1時頃、南国市才谷地先の国道32号が路面決壊により通行止めとなった。被災状況及び応急復旧対... 続きを読む