文政9年5月の洪水

災害年月日
1826年06月26日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
文政9年(1826)5月21日、洪水により、民家流失多し、損毛56,000石許。
Googleマップ
参考文献
「ふるさと素鵞」編集委員会編「ふるさと素鵞」(素鵞郷土研究グループ、1985年)、102頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水
NO.
愛媛4043

よく似た災害

文政9年5月の洪水

文政9年(1826)5月20日~21日及び6月6日、大風雨、破船50隻、倒屋157軒、死人23人。(「今治拾遺」による)/5月21日、洪水、水層33尺... 続きを読む

文政8年の洪水

文政8年(1825)、洪水により、石手川その他諸川決壊し、耕地2,500町歩流失、家屋300余戸流失。(「松山叢談」による) 続きを読む

文政8年の洪水

文政8年(1825)6月3日、大雨、洪水により、河川堤防決壊、市の坪押し流され、出合辺りは海の如し。潰家500軒、山崩1,024箇所、損毛4万石余。 続きを読む

文政12年の台風

文政12年(1829)、大風、洪水により、死傷者多し。(高松藩の災害記録) 続きを読む

文化9年6月の洪水

文化9年(1812)6月3日、洪水、損毛1万1千石許。(「宇和島覚書」による) 続きを読む