昭和21年の洪水

災害年月日
1946年07月00日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
風水害  
概要
昭和21年(1946)7月、出水により、拝志堤防1箇所、南吉井堤防1箇所が決壊し、濁流が耕地を襲った。昭和18年、20年、21年と続く災害に、地元住民は強固な堤防の築造を中央に請願し、災害国補工事として認可され、昭和22年2月に着工した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
重信町誌編纂委員会編「重信町誌」(重信町、1988年)、56頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
重信川 拝志 南吉井 堤防決壊 堤防築造
NO.
愛媛4080

よく似た災害

昭和21年の洪水

昭和21年(1946)7月、出水により、拝志堤防1箇所、南吉井堤防1箇所が決壊し、濁流が耕地を襲った。昭和18年、20年、21年と続く災害に、地元住民... 続きを読む

慶応3年の干ばつ

慶応3年(1867)11月、相次ぐ干ばつのため、福田・吉田及び内海の各村が連名で、「年貢を金銀納にしてほしい」と代官に請願した。 続きを読む

昭和12年の水害

昭和12年(1937)、宍喰川の旧正梶堰下の左岸堤防が決壊した。宍喰川幹流は準用河川となっていたため、堤防工事費4千円は県費支弁で施行され、川幅も広げ... 続きを読む

大正11年の干ばつ

image

大正11年(1922)、南伊予村は大干ばつで、翌大正12年は大水害と2年連続の災害を被った。南伊予村村長の武智惣五郎は、大正12年に大谷川を堰き止めて... 続きを読む

寛文2年の干ばつ

image

寛文2年(1662)、大干ばつに見舞われた。田はひび割れ、稲は枯死して収穫はゼロであった。ところが、築造から7年間の平屋池を持つ井ノ口新田は、平年作を... 続きを読む