明治26年の風水害

災害年月日
1893年10月14日
市町村
愛媛県東温市(川内町)
災害種類
風水害  
概要
明治26年(1893)10月14日、風水害。海上で重信川左岸決壊し、猪之窪、西古市、森の40町歩流失。
Googleマップ
参考文献
川内町新誌編纂委員会編「川内町新誌」(川内町、1992年)、62頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風水害 海上 重信川決壊 猪之窪 西古市
NO.
愛媛4150

よく似た災害

弘化3年の台風

弘化3年(1846)7月15日、台風、洪水により、各地の堤防が決壊し、大被害となった。東川原の三倉出水堤防が60間決壊し、耕地5町歩が流失。東青木堤防... 続きを読む

明治6年の風水害

明治6年(1873)10月2日、風水害、重信川被害。 続きを読む

明治29年の豪雨

昭和29年(1896)10月、稲の完熟期に豪雨があり、午後3時頃に北方海上地区の三嶋神社裏の重信川左岸が150m程切れた。重信川の本流は猪之窪、せんだ... 続きを読む

明治26年の水害

明治26年(1893)、重信川で水害。重信川では明治期に鉄砲水による水害が相次いだが、その原因は廃藩置県以後の山林伐採であると伝えている。(「重信町誌... 続きを読む

明治29年の水害

明治29年(1896)、重信川で水害。重信川では明治期に鉄砲水による水害が相次いだが、その原因は廃藩置県以後の山林伐採であると伝えている。(「重信町誌... 続きを読む