明治26年の風水害

災害年月日
1893年10月00日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  
概要
明治26年(1893)10月、風水害あり、東予殊に甚だし、聖上片岡侍従差遣、救恤金千円を賜う。(「愛媛県誌」による)/立岩川堤防決潰被害。(「見聞録」による)
Googleマップ
参考文献
西園寺源透「伊豫風水害小史」(伊豫史談会編「伊豫史談 第80号」伊豫史談会、1934年)、37頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
風水害 愛媛県誌 立岩川堤防決壊 見聞録
NO.
愛媛7115

よく似た災害

明治42年の強風

明治42年(1909)8月、強風あり、西南宇和郡の漁船土佐沖において転覆、溺死70人に及ぶ。皇室より救恤金300円を賜う。(「愛媛県誌」による) 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)8月28日、洪水、加茂川汎溢死者51人、別子銅山崩壊、死者1,000余人、国領川決潰、死者100余人、聖上侍従差遣金1,600円... 続きを読む

大正元年の風水害

大正元年(1912)9月、県下風水害激甚。皇室より救助金1,000円を賜う。(「愛媛県誌」による)/9月、暴風雨あり、被害少なからず。殊に渦井川、室川... 続きを読む

明治19年の風雨

明治19年(1886)8月20日、9月1日、10日大風雨、被害甚だし。嘉喜ノ尾村高研小学倒る。(「宇和島御記録」による)/9月24日、立岩川氾濫沿岸の... 続きを読む

大正4年の風水害

大正4年(1915)9月、甚だしき風水害あり、皇室より800金を賜り、救恤し給う。(「愛媛県誌」による)/9月、暴風雨、被害多し。(「新居郡誌」による... 続きを読む