明治35年の洪水

災害年月日
1902年09月07日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
風水害  
概要
明治35年(1902)9月7日~8日、出水により堤防破堤5箇所計120間、沖浜字北川海防破堤8間、船舶流失1艘の被害が出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
八万村青年団編「八万村史」(八万村青年団、1935年)、396頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 破堤
NO.
徳島3064

よく似た災害

明治25年の洪水

明治25年(1892)7月23日、吉野川と宮川内谷川で洪水が発生し、村内で流失・崩壊家屋42軒、破損・浸水家屋510軒、堤防破壊10間、道路破壊407... 続きを読む

明治44年9月の洪水

明治44年(1911)9月22日、出水が角瀬渡で1丈5尺5寸に達し、堤防破損3箇所、住家浸水5戸、田の浸水150町、畑の浸水233町などの被害が出た。... 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)7月9日、吉野川の洪水により、負傷4名、流失・崩壊家屋239戸、破損・浸水家屋2,000戸、堤防欠損2箇所、道路破損200間など... 続きを読む

明治25年7月22日の風雨

明治25年(1892)7月22日~23日、風雨、出水。/7月の風水害及び土砂災害では、死者329人(男199人、女130人)、負傷者70人(男48人、... 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)9月29日夜、池田町で大洪水があり、溺死者8人、橋の流失2箇所、破損2箇所、家屋の破損41戸、流失5戸、浸水42戸、床下浸水2戸... 続きを読む