昭和45年の台風10号

災害年月日
1970年08月21日
市町村
愛媛県伊予市(双海町)
災害種類
風水害  高潮  
概要
昭和45年(1970)8月21日午前8時、台風10号は須崎市に上陸し、午前10時40分頃に双海町を通過し、鳥取県米子市を経て日本海に去った。双海町内の奥地では320ミリ程度の雨量となった。また、高潮のため、豊田港と上灘港付近で被害を受け、上灘川では支流を合わせて20数箇所が決壊した。特に富岡川と豊田川は惨状を極めた。双海町の被害は、8月25日現在で住家の全壊1棟、半壊6棟、一部破損35棟、床上浸水35棟、床下浸水225棟、田畑の流失・埋没10.5ha、冠水13ha、その他公共土木施設等に及んだ。
Googleマップ
参考文献
双海町編「双海町誌」(双海町、1971年)、20-21頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 高潮 上灘川 富岡川 豊田川
NO.
愛媛4541

よく似た災害

昭和45年の台風10号

image

昭和45年(1970)8月21日午前8時午前10時40分頃、台風10号は双海町を通過した。町内の山間部では約320ミリの雨量となった。また、高潮のため... 続きを読む

明治13年の台風

明治13年(1880)9月15日、予讃両国に大風水害あり、惨状を極めた。(「愛媛県誌稿」による) 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月21日~24日、台風により、記録的な暴風雨となり、諸川氾濫し、大災害を受け惨状を極めた。 続きを読む

明治13年の台風

明治13年(1880)9月15日、予讃両国に大風水害あり、惨状を極めた。(「愛媛県史概説」等による) 続きを読む

明治13年の風水害

明治13年(1880)9月、予讃両国にわたり風水害あり、惨状を極めた。(「愛媛県誌」による) 続きを読む