昭和24年の火災

災害年月日
1949年01月16日
市町村
愛媛県伊予市(双海町)
災害種類
火災  
概要
昭和24年(1949)1月16日午前9時30分、上灘町高岸の工場より出火し、西北の強風にあおられ、工場と付近の住家・非住家等6棟を全半焼して、午後零時30分頃鎮火した。原因はたき火による失火で、損害額は約425万円に及んだ。
Googleマップ
参考文献
双海町編「双海町誌」(双海町、1971年)、26頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災
NO.
愛媛4547

よく似た災害

昭和50年3月の火災

昭和50年(1975)3月11日2時45分頃、徳島市幸町のかもぼこ製造工場から出火、5棟を全半焼した。 続きを読む

昭和50年3月の火災

昭和50年(1975)3月11日2時45分頃、徳島市幸町のかもぼこ製造工場から出火、5棟を全半焼した。 続きを読む

昭和50年3月の火災

昭和50年(1975)3月11日2時45分頃、徳島市幸町のかもぼこ製造工場から出火、5棟を全半焼した。 続きを読む

昭和55年の火災

昭和55年(1980)3月27日午後11時40分頃、水戸の製材所から出火し、隣接工場へも延焼して5軒を全焼し、午前1時20分に鎮火した。損害は1億円。... 続きを読む

昭和29年12月の火災

昭和29年(1954)12月27日午前0時40分頃、本町の診療所から出火し、隣接5戸、工場1棟を焼き、午前1時40分頃鎮火した。損害は2,000万円。... 続きを読む