昭和24年の火災

災害年月日
1949年05月06日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
火災  
概要
昭和24年(1949)5月6日午前1時50分頃、西下町東部北側から出火、ガソリン、ドラム缶に引火したため、連続する爆発音、火柱、黒煙、物凄い猛火で、瞬く間に近隣に延焼、東下町方面にも及んだが、無風小雨が幸いして比較的小範囲に止まって、4時鎮火。全焼は西下町5戸、東下町5戸、半鐘は西下町4戸、罹災世帯は30に及んだ。
Googleマップ
参考文献
中村市社会教育研究同好会編「私達の郷土 中村市(地誌編)」(中村市社会教育研究同好会、発行年不明)、109頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
火災 西下町 東下町
NO.
高知4464

よく似た災害

昭和24年の火災

昭和24年(1949)5月6日午前1時50分頃、西下町東部北側から出火、構内や裏手にあったガソリン、重油等多数のドラム缶に引火したため、連続する爆発音... 続きを読む

昭和24年の火災

昭和24年(1949)5月6日、西下町の運送会社から出火し、東西の住家9棟、非住家5棟等に延焼し、4時鎮火した。損害は7,000万円。(中村市消防署資... 続きを読む

享保12年の火災

享保12年(1727)2月1日午の下刻(13時)城西・越前町・伊野辺方より出火、西南烈風にあおられ火は東方に延び、高知城の本丸にまで延焼した。1日の焼... 続きを読む

昭和27年の火災

昭和27年(1952)1月25日夜半、本町3丁目から出火、北町、梅之巷に延焼。36世帯、207人の罹災者を出した。 続きを読む

享保12年の火災

享保12年(1727)2月1日、越前町から出火して城内に延焼し、翌日また越前町から出火して、両度の大火で焼失家屋は3,000戸を超えた。 続きを読む