大正3年の台風

災害年月日
1914年09月14日
市町村
愛媛県大洲市(長浜町)
災害種類
風水害  
概要
大正3年(1914)9月14日午前2時頃から、台風により雨とともに風力が増し、6時に東北の風となり、屋壁、樹木を倒壊させ、瓦、帆柱を飛ばすなどした。9時に西風に変じ、11時に風雨ともにまったく収まった。被害の最も甚だしかったのは港町、新地、山際、青島の4地区で、長浜波留堤、一文字波止及び青島港突堤が破壊された。(「長浜郷土誌」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
長浜町誌編纂会編「長浜町誌」(長浜町誌編纂会、1975年)、29頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 長浜郷土誌
NO.
愛媛4571

よく似た災害

大正14年の台風

大正14年(1925)9月17日、台風による大雨で、大豊村から高知にかけて400ミリ以上の豪雨となった。大滝では観測所が流失し、香美郡の死者は35人に... 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)8月29日、台風により集中豪雨となり、福原で408ミリを記録した。那賀川の最高水位は古庄で6.2mに達し、右岸の中野島村、大京原で... 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)7月7日11時より降雨、8日1時より出水、洪水となる。11日19時より暴風となり、12日に風雨とも止む。(「中村町風水害史」による... 続きを読む

大正3年の暴風雨

大正3年(1914)1月7日、暴風雨により風速が20mを超えて時化る。青島沖で遭難した漁船を共助するために出動した青島青年団員13人が殉職した。(「青... 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月8日、九州のはるか南方から北上を続けた台風が大隅半島へ上陸して、北九州を通過し、朝鮮東岸に沿って進んだ。日和佐町内では、ちょう... 続きを読む