昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月21日
市町村
愛媛県大洲市(長浜町)
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)9月21日、室戸台風により、長浜港の荷揚場、東突堤、:西突堤、船だまり、桟橋、渡橋がみな破損した。(「長浜郷土誌」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
長浜町誌編纂会編「長浜町誌」(長浜町誌編纂会、1975年)、29頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
室戸台風 長浜郷土誌
NO.
愛媛4572

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月20日~21日、室戸台風により、風速は33.7mを記録し、農作物に被害が出た。伊予川の出水も多く、平和橋が流失し、沿岸の水田が... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)、室戸台風。写真18枚。(室戸岬測候所辺り、高浜、室戸岬町樽石、菜生、室戸港内、両栄橋、吉良川西の宮橋、等の被害状況) 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日午前5時10分、室戸台風の最低気圧は室戸岬で911.9mbの空前の最低記録を示した。県内での最大風速36.7m/秒、高潮... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

image

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風により、松の大木が無数に倒れ、長楽寺の鐘楼が倒壊した。崖崩れ、谷川の氾濫、家屋の傷みなど被害は甚大と言わざるを... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

image

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風により、松の大木が無数に倒れ、長楽寺の鐘楼が倒壊した。里芋、大根などは葉がことごとく裂かれて全滅した。崖崩れ、... 続きを読む