昭和38年の台風9号

災害年月日
1963年08月09日
市町村
愛媛県西予市(城川町)
災害種類
風水害  
概要
昭和38年(1963)8月9日、台風9号による豪雨のため、災害対策本部を設け、消防団員が出動。田穂大池土手の決壊警戒。台風9号による町内の被害推定2億7,570万円。
Googleマップ
参考文献
城川町誌編集委員会編「城川町誌」(城川町、1976年)、281頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 豪雨 災害対策本部 田穂大池
NO.
愛媛4997

よく似た災害

昭和49年の台風16号

昭和49年(1974)9月1日、台風16号による町道の破壊。 続きを読む

昭和47年の台風9号

昭和47年(1972)7月23日、台風9号による町道等の破壊。 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月16日、台風5号により、町内の被害額は1億9,870万円余となった。被害は家屋の全壊2戸、一部損壊17戸、浸水5戸、崖崩れ1... 続きを読む

元文4年の台風

元文4年(1739)8月5日、暴風雨により、蒼社川と頓田川が決壊し、今治で米損毛8,552石、862町余、壊家319戸、道路決壊34箇所1,105間、... 続きを読む

昭和10年の台風

昭和10年(1935)、暴風雨により、農地の浸水・流失・埋没8,148ha、農道の決壊・流失408箇所、延長15.7km、水路の決壊・流失264箇所、... 続きを読む