昭和55年の長雨・低温

災害年月日
1980年00月00日
市町村
愛媛県西予市(宇和町)
災害種類
その他(長雨)  その他(低温)  
概要
昭和55年(1980)夏、異常気象により長雨と低温が続き、日照不足だったため、農作物への被害が心配された。しかし、9月に入ってからは良い天候に恵まれ、稲も順調に育ち、病害虫の発生も出ずに実りの秋を迎えることができた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宇和町誌編纂委員会編「宇和町誌 Ⅱ」(宇和町、2001年)、308頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 低温 日照不足
NO.
愛媛5063

よく似た災害

昭和8年の長雨

昭和8年(1933)、長雨が続いたため、四万川竜王様で地区民が天候和順祭(天候が順調に回復するように願う祭)を行った。 続きを読む

昭和8年の干ばつ

昭和8年(1933)夏、雨に恵まれず、小豆島地区で干害が大きかった。(気象庁「気象要覧」による) 続きを読む

明治33年の水害

明治33年(1900)、稀有の大水害であったが、記録に恵まれない。 続きを読む

明治33年の水害

明治33年(1900)、稀有の大水害であったが、記録に恵まれない。 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)、寅の年の大水による災害はひどかったようであるが、記録に恵まれない。 続きを読む